国民文化祭
国民文化祭
国民文化祭参加人数比率
様々な文化活動の全国規模の発表の場として、文化庁が中心となり昭和61年から各県で開催されている国民文化祭。これまで各県代表として推薦を受けこの祭典に出場した愛好者のグループは約400グループ、約10,200名。このうち琴伝流がグループ数、人数とも約半数を占めています。
国民文化祭「大正琴の祭典」開催実績
開催県 琴伝流の役職
H6年 第9回 三重県  
H12年 第15回 広島県 実行委員
H17年 第20回 福井県 実行委員
H18年 第21回 山口県 実行副委員長
H20年 第23回 茨城県 実行委員長
H21年 第24回 静岡県 実行委員
H22年 第25回 岡山県 企画委員長
H23年 第26回 京都府 企画委員長
H24年 第27回 徳島県 実行委員長
H25年 第28回 山梨県 企画委員長
H26年 第29回 秋田県 実行委員
H27年 第30回 鹿児島県 企画委員長
※第27回は大会名称が「大正琴アンサンブルの祭典」

近年は実行委員長や企画委員長を務めるなど、琴伝流は国民文化祭を積極的に応援しています。
第15回国民文化祭・ひろしま2000(広島県:三次市文化会館/H12.11.4〜5)
全国から48グループが参加
全国から48グループが参加
広島県出身の原田真二さんとのジョイント
広島県出身の原田真二さんとのジョイント

第20回国民文化祭・ふくい2005(福井県:ハートピア春江/H17.10.23)
琴伝流からは2グループが参加
琴伝流からは2グループが参加
琴伝流地元グループの熱演
琴伝流地元グループの熱演

第21回国民文化祭・やまぐち2006(山口県:サンビームやない/H18.11.4~5)
27グループ中13グループが琴伝流
27グループ中13グループが琴伝流
山口県内各流派指導者による合同演奏
山口県内各流派指導者による合同演奏

第22回国民文化祭・とくしま2007(徳島県:郷土文化会館/H19.9.23)
国民文化祭協賛事業琴伝流徳島県大会
国民文化祭協賛事業琴伝流徳島県大会

第23回国民文化祭・いばらき2008(茨城県:ひたちなか市民会館/H20.11.8~9)
8日は茨城県ほか関東地区の大編成グループ
8日は茨城県ほか
関東地区の大編成グループ
9日は全国の小編成グループ
9日は全国の小編成グループ

第24回国民文化祭・しずおか2009(静岡県:アクトシティ浜松/H21.10.24~25)
琴伝流大正琴静岡県支部の演奏
琴伝流大正琴静岡県支部の演奏
次年度開催岡山県から合同グループ出演
次年度開催岡山県から合同グループ出演

第25回国民文化祭・おかやま2010(岡山県:勝央文化ホール/H22.11.6~7)
〜作州路をつつむ大正琴100年の響き〜
〜作州路をつつむ大正琴100年の響き〜
2日間で55グループが出場
2日間で55グループが出場

第26回国民文化祭・京都2011(京都府:文化パルク城陽/H23.10.29~30)
京都奈良の中間にある「五里五里のさと」城陽市
京都奈良の中間にある
「五里五里のさと」城陽市
琴伝流からは17グループが出場
琴伝流からは17グループが出場

第27回国民文化祭・とくしま2012(徳島県:あわぎんホール/H24.9.9)
阿波おどりのアトラクション
阿波おどりのアトラクション
徳島県・福島県合同演奏でフィナーレ
徳島県・福島県合同演奏でフィナーレ

第28回国民文化祭・やまなし2013(山梨県:桃源文化会館/H25.9.28~29)
南アルプスの麓にある桃源文化会館
南アルプスの麓にある桃源文化会館
パイプオルガンをバックにした舞台
パイプオルガンをバックにした舞台

第29回国民文化祭(秋田県:仙北市民会館/H26.10.18~19)
仙北市民会館に全国から大正琴団体が参集
仙北市民会館に全国から大正琴団体が参集
フィナーレで次回開催鹿児島県がPR
フィナーレで次回開催鹿児島県がPR

第30回国民文化祭(鹿児島県:宝山ホール/H27.10.31~11.1)
琴伝流鹿児島指導者会の舞台
琴伝流鹿児島指導者会の舞台
次回主催の大正琴協会理事が挨拶
次回主催の大正琴協会理事が挨拶