大正琴を弾いてみよう:基本的な演奏方法
大正琴のかまえ方
①図のようにやや左斜めを向いて座り、大正琴の響鳴穴を自分の体の中心に合わせ、大正琴の左側を机から10cmほどはなして斜めに置きます。
②右手はハンドプレートの中心に置き、手の甲が上を向くようにします。ひじは大正琴とほぼ一直線になるように机の上に乗せます。
③左手は左斜めに指先を向け人差し指と中指は「へ」の字に曲げて、小指を除く4本の指が音階ボタンの上で一直線上に並ぶように形を作ります。体が左に寄ったりひじを張ったりすると親指がボタンからはなれてしまいますので注意しましょう。
ピックの持ち方
①ピックの先端をやや左斜め下に向け、ピックの穴の部分を中心に右手の親指と人差し指、中指の3本の指で持ちます。
②他の指は軽くにぎるようにします。
③ちょうど鉛筆の持ち方と似ていますので、鉛筆とピックを持ち替えてみるとわかりやすいでしょう。
④親指を強く押し込みすぎると、ピックが斜めに向いてしまい、弦に対して直角に弾けなくなります(後述)。指や手首にあまり力が入らないように気をつけてください。
弦の弾き方・音の止め方
①押し弾き(譜面では数字で記されている4分音符・8分音符)
通常の音符はこの弾き方を用います。4弦から1弦までを手首を振るように手前から向こう側へ一気に弾きます。このとき、響鳴穴の右ふちあたりを弦に対して直角に弾いているか確認してください。
かまえ方やピックの持ち方が悪いと、下駒に近いところを弾いたり、弦に対して斜めに弾いたりしてしまい、良い音色が得られませんので注意してください。
②送り弾き(譜面では∧と記されているところ)
この弾き方は長い音符の間をおぎなうために用います。直前に押さえたボタンをはなさずに、1弦のみを向こう側から手前にチョンと軽く1本だけ弾きます。弾き方が強いと音が割れてしまいますので注意してください。
③消音(譜面では休符[0]が記されているところ。または演奏をやめるときなど)
弦に指を触れて音を止めることを「消音」といいます。右手薬指の爪の横か、右手親指の付け根を使い、4本の弦を確実に、かつ軽く触れるように行います。
④第5弦
この弦は特殊な場合のみ使用しますので、しばらくはピックがあたらないよう注意してください。
左手の指使い
大正琴のボタンはピアノの鍵盤と同じ配列をしていますが、指使いの基本は全く違いますので、以下の注意を守って、きれいな音で楽しく演奏できるようにしましょう。
①音階ボタンは左手の指で押さえます。数字譜のそれぞれの音の上に書いてある指(親=親指)を使って、しっかりと押さえます。押さえ方が足りないときれいな音が出ません。また親指は軽く曲げて爪の横で押さえてください。
②音階ボタンを何も押さえていない状態で弾くとの音が出ます。この音の上には指のかわりに「開」が書かれていて「開放の音」と呼びます。
重要!音階ボタンを押さえて弾いた後、押さえた指を浮かしてしまうと開放の音に変わってしまいますので、次の音階ボタンを押さえるまでしっかりと押さえたままでいてください。開放の音以外は必ずどこかの音階ボタンを押さえています。音階ボタンの移動は、必ず指をつなげて行うようにします。
④音階ボタンを押さえたりはなしたりするタイミングと、ピックで弦を弾くタイミング同時になるようにしましょう。どちらかが速かったり遅かったりすると雑音が出てしまいます。
⑤譜面の指使いは自然につながるように書かれていますので、譜面どおりの指使いで演奏しましょう。